キッチンシンク下の引き出しDIY デコボコ塗装でドレスアップ

キッチンのシンク下は、これまで観音開きだったんだけど、DIYで引き出し収納にリフォームしたんだけど、無塗装だったのでこれをなんとかせにゃならん!ってことで、塗装などしていきます。

今回も相変わらず失敗ありの工程ですが、なんとかリカバリーもしてるので、失敗回避のご参考にしていただければ幸せです。

スポンサーリンク

キッチン下の引き出し 合板に塗装で雰囲気を出す

キッチンシンク下に設置した引き出し収納 無塗装の前板

キッチンのシンク下の観音開きの棚を引き出しに変更。引き出しの設置までは終わったけど、合板むき出しのままじゃまずいんで、何か塗っていかないと。

これまでは、無垢の木材ばかり使ってきたから、木目をきれいに出す塗装っていうのを目指してきたんだけど。今回は、小口なんかも目立つから、木目を隠してしまうくらいの塗装をすることに。

で、選んだのは「DEKOBOKO BASE(デコボコベース)」という塗料。

デコボコベースという塗料

ちょっと厚みのある塗装で、木材の表面を凸凹に塗装できるというものです。
これをベースに、別の塗料を重ねることでまた雰囲気が出るのだとか。

色をしっかり付けるタイプの塗料は初なので、うまくできるか自信はないけど、ひとまずチャレンジすることに。

ホイップクリームのような、って書いてあったけど、ほんとそんな感じ。
それも、しっかりホイップしたようなね、逆さまにしても落ちてこないし。

デコボコベースの容器を逆さまにしても何も出てこない

しばらく待ってみると、少しずつ出てきた~。

デコボコベースはかなりドロッとしているので逆さまにしてしばらくしたらやっと出てきた

落ちだしたら、とろ~っとね。

デコボコベースを逆さまにしてしばらく、ドロンと出てきたところ

容器に入ったのも、形をキープしてる。

デコボコベースを容器に入れたところ

試しにSPFの端材に塗ってみた。

デコボコベースをSPF材に塗装したところ

なるほど、こういう風に凸凹になるのね。これを3mm以内の厚みで塗装するように書いてある。

今回塗装するのは結構面積の広い板で、どう塗っていこうか、うまくできるか、めっちゃ不安。

キッチンシンク下に設置した引き出し収納 無塗装の前板にデコボコベースを塗りはじめたところ

とりあえず、塗り壁風に塗ってきた。なんかぐちゃぐちゃ。大丈夫かな。

キッチンシンク下に設置した引き出し収納 無塗装の前板にデコボコベースを塗り壁風に塗ってみたところ

ひとまず乾かしてみよう。乾いたら、カチカチになって、ちょっと触るととげとげしいところもあったりする。

茶色を重ねたくて、塗ってみたけど、どう塗ったらいいんだか。いや、完全に失敗じゃないか。。。

キッチンシンク下に設置した引き出し収納 無塗装の前板にデコボコベースを塗って、茶色い塗料を重ねたところ

ちょっとずつやったつもりが、途中でわけわからなくなって、しまいにはこんなことに。。。完全にやってしまった。デコボコベースが泣いてるな。

汚しの塗装って難しいのね。ほんっとにちょっとだけ、特に隅の方をやるっていうのが上手に汚すコツみたい。あとから知ったわ。

これはもう一回、デコボコベースを重ねてごまかすしかないね。何しろ引き出しの前板だから、これを外して作り直しはあり得ない。

デコボコベースってね、ドロンとしてるし、やや厚めに塗装していくもんだから、消費量が多いんだよね。だから、2度塗りでギリギリだった。なんとか足らせて塗ったのがこれ。

今回は、スポンジで全体にポンポンと塗料を叩くように塗ってみた。
なんか下地に茶色が入ってるから、これはこれで雰囲気出たかも。

デコボコベースも空っぽになったし、これでリカバリーできたことにしよう。キッチンで使うので、さらにニスを重ねておくことにする。

まずは、デコボコベースで作った表面をサッとやすりがけして、トゲトゲを落として。それから、ツヤ無しの水性ウレタンニスを塗装。

白に白を塗るから色がわからん。角度変えて、テカリを確認しながら全面に塗装したら、トゲトゲだった表面もいい感じに。

表面が凸凹だから、拭き掃除が難しいけど、これで何か汚れが付いたときでもふき取りやすくて安心かな。

取り付けたらこんな感じに♪なかなかいいんじゃないだろうか^^

セリアの100均 クッションシートをプラス

さて、次はこの上のクリーム色の部分をどうするか。観音開きの扉はここまでカバーしていたんだけど、引き出しに変えたことでここがガラッと空いてしまいました。

これをどうするか考えてたんだけど、セリアに行ったらちょうどサイズ的にもぴったりのクッションシートっていうのを見てけちゃいました。

サイズが17cm×50cmっていうので、私が欲しかったのもちょうど17cm幅!これはいい!ってことで、3枚購入。

貼る部分の横幅は130cmくらいだから、真ん中のクッションシートは両端を切り落とし、両サイドのクッションシートは真ん中のクッションシートと接する部分だけカットして、繋げてみましたた。

裏がシールになってるから、カットして貼るだけで超簡単、結果はこんな仕上がり。

デコボコベースで塗装した引き出しの前板とも馴染んで、すごい好みの感じに仕上がったぞ~♪

 

ただ、このクッションシートを貼ったことで、引き出しに取っ手を付けないと開けにくくなりました。これはやっぱり取っ手つけないとな。これはまた後日。

中身はちょっと工夫をプラスでカスタマイズしました。

キッチンシンク下引き出し収納をカスタマイズで作業効率劇的アップ!
キッチンのシンク下、観音開きの収納だったものをスライドレールで引き出しに変更したのですが、さらにこの引き出しをより効率的に活用できるようにカスタマイズしていきます。 シンク下収納 扉裏も活用して作業効率アップ キッチンで効率よく作業する...

 

コメント