キッチンシンク下引き出し収納をカスタマイズで作業効率劇的アップ!

キッチンのシンク下、観音開きの収納だったものをスライドレールで引き出しに変更したのですが、さらにこの引き出しをより効率的に活用できるようにカスタマイズしていきます。

スポンサーリンク

シンク下収納 扉裏も活用して作業効率アップ

キッチンで効率よく作業するには、やっぱり調理器具など取り出しやすく、しまいやすいという環境が大事ですよね。

ほとんど毎日料理する場所だけに、使い勝手が悪いとストレスにもなります。

今回、シンク下収納を引き出しに変えたのですが、この引き出しの全面の板が大きめサイズであることから、その裏側を活用することにしました。

観音開きのキッチン・シンク下収納をスライドレールで引き出しにDIYしたところ

この引き出しの前側の板裏ですね。

鍋フタをすっきり収納

まずは、鍋フタの収納。
使ったのは100均(セリア)で購入したタオルハンガー。右側の引き出し裏に3つ取り付けました。

スライドレールでDIYしたシンク下収納の引き出し裏にフタ収納のためのパーツを付けたところ

これだけで、かさばる鍋フタを3枚収納できて、めちゃくちゃ取り出しやすくなりました。

フタを収納して引き出しを締めたときに、ぶつからないように気をつけたくらいで、簡単に取り付けできました。

このタオルハンガーの厚みがちょうどフタを収納するのにもぴったりなんです。

ニトリのブックスタンドを使ってフライパンを立てて収納

フライパンは、ニトリのブックスタンドがちょうど納めたい部分にジャストフィットでした。よく使うフライパン3つがちょうどよくはまって、使い勝手もいいんです。

ちなみにフライパンはエバークックのフライパンがとっても優秀。1年以上使ってるけど、いまだにこびりつかなくて超お気に入り。

包丁はマグネットでスッキリ収納

今回のキッチンリフォームでは、包丁を前から気になっていたマグネット式の収納にしようと楽しみにしてました。包丁をペタッと収納するの、気持ち良さそうだし、スマートだし。

で、もう早いうちからお取り寄せしときました。近所じゃ売ってないから、通販で注文しといたんです。

これこれ。ここに強力マグネットが内蔵されてます。

包丁収納で使うマグネットバー。

裏は粘着シールになってて、付けたいとこに貼るだけ。割と厚みがあってかなり頑丈。

包丁を収納するためのマグネットパーツ

引き出しの前板の裏側にペタッと貼り付けて。

シンク下のスライド引き出し収納に包丁を収納するためのマグネットを貼り付けたところ

お~!いい感じ。どうでしょうね。

シンク下のスライド引き出し収納に包丁を収納するためのマグネットを取り付けたところ
両サイドの包丁は刃が内側になるようにしてみた。旦那とか手を切っちゃいそうだし。

マグネットホルダーに包丁を収納したところ

いい感じ~!よし!って引き出しを閉めたら、あれ?ちゃんと閉まらない。

マグネットバーを取り付けたことで閉まらなくなったシンク下引き出し収納

まさかと思ったら、取り付けたマグネットが棚の枠に当たってる。ショック。またやっちまった。

シンク下収納にマグネット収納をプラスしたら失敗して引き出しが閉まらなくなった

粘着テープはかなり強力だし、剥がすのも悔しい。ってことで、当たる棚の方を一部をカット。ほんとはコの字にカットしたかったけど、もうここまで組んだ状態だとかなり厳しいので、Vの字で。。。

DIYで引き出しにしたシンク下収納で失敗して邪魔な部分をカットしたところ

マグネット収納を考えるときは、戸がちゃんと閉まるか確認してから貼りましょう。こんなアホなのは私だけか。

スプレーホルダーにもなるタオルハンガー

あとひとつ、まだスペースが余っていたので、ここにもうひとつ、小さめのタオルハンガーを使ってスプレーボトルを引っ掛けることにしました。

DIYで引き出しにしたシンク下収納にタオルハンガーを取り付けてスプレーを引っ掛けたところ

いつも使うスプレーを2つ、ここに引っ掛けて、これまた快適。

ちょうど、排水管を避けるためのスペースにフィット。

DIYで引き出しにしたシンク下収納にスプレーを入れて収納しているところ

引き出しを締めても枠に当たらないようにしっかり配置を確認したので、今回は失敗なし!
中に入れてる食洗機用の洗剤ケースにも干渉せず、ジャストで納まって気持ちよく仕上がりました。

キッチン棚のDIY 後ろの棚を手作りですっきり収納
キッチンの棚って、なかなかぴったりサイズのものがないですよね。それなら自分の好みでDIYしちゃおう!ってことで、実際に作ってみたのでそのビフォーアフターをご紹介します。 キッチン棚のDIY ビフォーアフター キッチン棚のDIYビフォー ...

コメント