DIY リフォームを自分で 初心者がどこまでできるか

築20年になった我が家は、そろそろリフォームを考えてもいいかな、という時期。

リフォーム業者に依頼するほどの大規模改修も考えなくはないけれど、まぁ予算もあるし、コロナもあるし、ってことで、ひとまず自分でできる範囲でできることをやってみることにしました。

といっても、電動じゃないドライバーセット的なのと、ペンチくらいしか持ってない、DIY超初心者な私です。

思い返せば、作ったことがあるのは簡易組み立てのフリーボックスレベル。

そんなド素人がDIYでリフォームできることなんてあるのか?と自分でも心配になります。そんな私が、実際チャレンジすればどこまでできるのか。

それはそれはあれこれ調査しまくって、お勉強もしながら挑んでます。

そんな私が素人なりに実践してみてわかったこと、気付き、事前に知っておきたかったことなどなど、自分の備忘録として、そして私のように初めてDIYにチャレンジする方のお役に立てるブログにしていきます。

スポンサーリンク

リフォームのきっかけ

我が家は、息子二人がそれぞれ独立して都会に行っているので、旦那と私の二人暮らし。

これまでもいらないものを処分して、すっきり暮らしたい、という願望はあったものの、なかなか思い切った行動のできなかった私たち。

でも、コロナ禍で家にいることも多くなってますます気になってきた。そして、暑い夏の日、旦那の夏休みが一週間あるというので、ついに思い切って自宅をきれいにしよう!ということになったんです。

いつもなら、息子たちが帰ってきて、休みは休みでバタバタするんだけど、今年はそのバタバタもなくてちょっと寂しい。それならやっちゃおう!ってことで。

前から一度、家を空っぽにしてリフォームしたい!という願望はあったけど、20年も住んだ家の物を空っぽにするって、現実的にはちょっと無理。生活しなきゃいけないしね。できればミニマリストになりたいんだけど、そう簡単にはいかないもんですね。

で、まず何をするかと考えたら、やっぱり「いらないものを捨てること」が最重要課題であると夫婦で珍しく意見が合って、旦那の休みの間、とにかく物を捨てまくることにしました。

リビングを中心に、とにかく使わないものは捨てようということでガンガンゴミ袋に突っ込んで、古くてデザインもいまひとつの大きな整理棚と、サイドボードも処分。猛暑の中、汗だくになりながら軽トラで2回ゴミ捨てにも行ってきました。

それでも家にはものがたくさん。あんなに捨ててもまだこんなにあるのね、とちょっと絶望感もあったけど、まぁ、コツコツ積み重ねてきたんだもの、片付けるのもコツコツしかないよね、とちょっと悟りの境地になったりして。

でも、やっぱりいくらかでも捨てることができて、空間が増えると心がスッキリするのがわかったかも。おかげで部屋がごった返しているけど、片付けへのモチベーションはアップしてきた!

リフォーム DIY初心者が自分でできることは?

さてさて、大きなものを捨てたら、次はいよいよ家の改修&整理整頓をしていかないといけません。

我が家で最大の問題を抱えているのが洗面所。
そして、トイレも殺風景なのでおしゃれにしたい。
トイレと洗面所が済んだら、ゆっくりLDKをなんとかしたい。

ひとまず、こんな風にざっくりとした計画を立てました。

で、その中で自分でできることはなんなのか。
DIY素人の私のチャレンジで、何ができるのか。

これを模索しながら綿密な計画を練っていかないといけません。

ひとまず壁紙とか、床の張替えは自分でできそうなイメージ。
あとは簡単な棚を作ったりはできるはず。

ホームセンターでもいろんな材料を見て、まずは知ることから。あとは動画やブログで調べればやり方や道具などなんでも勉強できるってことで動画も見まくり。

動画をいろいろ見てれば、知らないワードや道具の名前とかガンガン出てきて、その都度調べるから、知識はいろいろついてきたかも。DIY初心者なりの不安や疑問など、事前に知っておくといいことなどなど、あなたの参考になれば嬉しいです。

初のDIYでトイレDIYで床の貼り替えにチャレンジした様子はこちら

続いて洗面所DIYにトライする事前準備などあれこれ

そして、なかなかの勇気でトライした洗面所

初めて購入した電動工具のはなし

いつかやろう、じゃなくて、今もう実際に動かないといけない、という状態で見ると、動画やブログの内容もしっかりと真剣に見る気になるものですね。

もうすでにゴミを捨てまくって、我が家は「お引越しですか?」みたいな状況になっちゃってるから、これを途中でやめるわけにはいかないし、終わらせるまでは落ち着いて生活できないので、わりと必死です。いつまで続くかちょっと怖い。

今は、リビングのリフォームをどうしようか、悩み中。

仕上がりを思い描く

DIYをしようとなると、大変さもありつつ、おしゃれな壁紙を貼りたいな、とか、素敵な棚ができるといいな、なんて夢がどんどん広がって、そんな素敵な仕上がりを思い描くだけでも、ちょっと幸せな気持ちになったりして。

DIYって、実際やってみるとすごい達成感があって、その新たな空間にいることで心地よく、幸せな気持ちにもなれる。

家のリフォームをすることで、初めての気づきというのもあったし。

仕上がりを描いたら、そのイメージを形にするためにはどうするべきかを考えるのがまず楽しい。この世の中には、いろいろ便利なDIY商品もあるので、そんなのを活用しながら作り上げていく楽しさがたまらないんですよ。

もちろんお金もかかるから失敗しないように、準備は念入りに。

さて、DIY初心者の自宅のリフォームが、果たしてリフォームと言えるものになるかどうか。自分ではやれるイメージしかないんだけど、なにしろ初めてのことだらけなので、ここから模索しながら慎重に進めていきます。

よかったら、一緒に自宅のDIYリフォーム、がんばりましょう♪

コメント