FLEXISPOT 電動昇降式デスクの比較 EC1とE3とE7の違いは?

FLEXISPOTの電動昇降式スタンディングデスクって型番がいくつかあって、何が違うのか、選ぶのにも迷いますよね。

私も実際、FLEXISPOTの電動昇降式のスタンディングデスクの脚だけ購入したけど、買う前には、ま~それはそれは悩んだし。

最終的にはE3という型番を選んだけど、せっかくなので、FLEXISPOT 電動昇降式スタンディングデスクEC1、E3、E7との比較、何が違うのか、どう選べばいいか、など参考になりそうなポイントをご紹介します。

今回は、デスク天板をDIYすることを前提に、天板なしのタイプのみの比較なのでE6は入っていませんが、E6はだいたいE3と同じです。

スポンサーリンク

FLEXISPOT 電動昇降式デスクの比較

さて、それでは比較していきましょう。今回比較するのはFLEXISPOT電動式スタンディングデスクの

  • EC1(23,000円)
  • E3(45,000円)
  • E7(48,000円)

の3つのタイプ、価格はいずれも天板なしの価格です。
電動昇降式スタンディングデスクという点ではもちろんどれも同じですが、価格がかなり違いますよね。

一番リーズナブルなのはこちらEC1

私の場合、E7の白を買おうと思ったのですが、そのときカラーが黒しかなくて、まぁそれほど機能的な差もないので、E3の白にしました。この写真がFLEXISPOT電動式スタンディングディスクのE3タイプのホワイト。

FLEXISPOT電動昇降式スタンディングデスク E3の完成したもの

FLEXISPOTのE1とE3とE7は、何が違うかというと、

  • 脚の構造
  • 足幅調節範囲(対応天板サイズ)
  • 操作ボタン(アラーム機能・ロック機能)
  • 耐荷重
  • 本体重量
  • 昇降範囲
  • 昇降スピード
  • 障害物検知機能

といったところで、違いがあります。

まずは、あなたに必要な部分をピックアップしていくと選びやすくなります。

では、項目ごとに詳しく見ていきましょう。

FLEXISPOT 電動昇降式スタンディングデスクの脚の構造

電動昇降式デスク、やっぱり脚の構造って大事ですよね。
FLEXISPOT 電動昇降式デスクでは、ピラミッド型に伸びていくものと逆ピラミッド型に伸びていくものがあります。

FLEXISPOT電動昇降式スタンディングデスク E3の脚部分

私が購入したE3とE7はこの3段階のピラミッド型で、下の土台がしっかりとして、そこから上に内臓された脚が伸びていく仕様になっているので、どっしりとした安定感もあります。

EC1は、2段階の逆ピラミッド型に伸びるタイプで、伸ばしたときに内臓されている細い脚が下、太い脚が上に伸びていく形です。要はE3とは脚の伸びが逆さまになる感じですね。

物理的にも気持ち的にも、ピラミッド型に伸びていくほうが安心感があるよね。

ちなみにE3で立ち作業用の高さ1mくらいにして作業してもぐらつきなどはありません。もちろん、手で天板の両端を持ってグラグラと揺らせばいくらか揺れますが、作業していて不安定感とかぐらつきというのは全く感じません。重さもこの安定感に繋がってるかも。

EC1、E3、E7の脚で共通しているのは、いずれも自動車用SPCC鋼材を原材料としていること。頑丈で耐久性ありなのは間違いなさそうです。

FLEXISPOT 電動昇降式デスクの足幅調節範囲

デスクをどんなサイズにしたいか、これが肝となる部分ですよね。
脚の形状は、デスクの両サイドに脚の土台を置く形になっています。

足幅の調節範囲は、EC1だと最大129cm。E3は最大幅180cm、E7は最大幅190cmとなっています。

逆に、幅の狭いデスクがいいという場合は、EC1の最小幅が85cm、E3とE7は最小幅110cmです。

そして、それぞれに対応天板サイズというのがあり、

  • EC1 ⇒ 幅100~160cm 奥行き50~80cm
  • E3 ⇒ 幅120~200cm 奥行き60~80cm
  • E7 ⇒ 幅120~210cm 奥行き60~80cm

となっています。

天板を作る様子はこちらでご紹介しています。

FLEXISPOT 電動昇降式デスクの操作ボタン(アラーム機能・ロック機能)

この操作ボタンについては、型番によって割と違いがあります。
EC1は、基本が上下のみのボタン式で、これにプラス6,000円でE3と同じパネル式のものに変えることができます。

E3のパネル式では、メモリ機能とアラームが付いてます。これがE3の操作パネル。

FLEXISPOT電動昇降式スタンディングデスク E3の操作パネル

デスクの高さを1~3のメモリに記憶させておくことができます。アラームではお好みの時間でピピピッとお知らせしてくれます。アラームが鳴ったら、自分でボタンを押して上下させるという仕組み。だから好みの高さに変える以外にも、普通にタイマーとしても使えます。

操作も、簡単。メモリについては、高さを合わせて「M」押して、好きな番号を押せば記録される。んで、パネルを起動させるために一回何かしらのボタンを押して、希望の番号を押すとその高さに合わせてくれるの。かしこい。

タイマーもアラームボタンを押して、分数を指定するだけ。解除するときは長押しでOFFと表示される。

E7はパネル式で、EC1にもE3にもないロック機能というのが付いています。例えば子供さんのいたずら防止などが必要な方にはこれがおすすめですね。あとは、メモリボタンに立つ・座るのアイコンボタンがあるというところかな。

まぁ、E3でもメモリは3つしかないから、1が座る用、2が立ち作業用くらいは自分で覚えられるし、実際不便はない。

E3タイプはこちら

FLEXISPOT 電動昇降式デスク 耐荷重は何キロ必要?

FLEXISPOTの電動昇降式デスクの耐荷重は、70kg・100kg・125kgの3種類。デスクに何を乗せるのか、天板がどれくらいの重さのものにするか、によってこの耐荷重を選びます。

ちなみに私が使用した杉カフェ板は2000mm×200mm×30mmで約4.2kgとコメリさんのHPに記載がありました。カットして使ったので、約3枚分として13kg弱といったところでしょうか。

あとデスク上に乗せるのは我が家では主にデスクトップPC本体、モニター2台にノートパソコンくらいなので、70kg以上の耐荷重ならどれでも問題なさそうだと判断しました。

FLEXISPOT 電動昇降式デスクの本体重量 めちゃくちゃ重いよ

FLEXISPOT 電動昇降式スタンディングデスクは、とても重いです。一番軽量のEC1で22.1kg、一番重量のあるE7で35.6kgです。

まぁ、最大でも小学生高学年くらいのお子様の体重くらいなので、床が抜けるってことはないでしょうから、ここは全然気にしなかった。

組み立ての様子はこちら

FLEXISPOT 電動昇降式デスクの昇降範囲

FLEXISPOT 電動昇降式スタンディングデスクは最大まで高くすると、120cmちょいという高さになります。これって、小学生2年生くらいの平均身長ですから、そこまでの高さがあれば十分、っていうか、そんな高さにすることあるかな。私の場合は身長163cmで一番高くしたとして1mまで。

一番低い高さはE7の58cmです。
ちなみに身長163cmの私が椅子に座っ使う場合でも一番低くてせいぜい70cm高さで、それ以下で使うことはなさそうです。

E3では一番低くして60cmなのですが、これだと床座ると高すぎるし、椅子に座ったら低すぎます。

お子様が使うときで、どうしても58cmじゃないと、というケースでない限り、この昇降範囲はどれでもいいんじゃなかな。

FLEXISPOT 電動昇降式デスクの昇降スピード

FLEXISPOTのE3で昇降するスピード、早くてとてもスムーズです。
このスピードは、EC1のみちょっと遅いようですが、まぁ、数秒のことだもの、よほど短気じゃない限り、それほど気にならないとは思う。

FLEXISPOT 電動昇降式デスク E7のみの障害物検知機能

FLEXISPOT E7のみの機能として、障害物検知機能というのが付いています。
昇降するときに障害物をセンサーで検知してくれて、何かあれば自動的に停止して、元の位置に戻るというものです。

デスクの高さを変えるときって、たしかに障害物があると危ないので、この機能があれば安心。

なかなかパワフルに動いてくれるので、障害物がないように気をつけないと、です。実際、私は数回なにかしら落下させたしね。今は学習したので大丈夫だけども。

E7はこちら

FLEXISPOT 電動昇降式デスク E3を実際に使ってみて気付いたこと

電動昇降式デスクというのを使うのは初めてだけど、FLEXISPOT、かなり満足度が高いです。天板自作で自分の欲しいサイズ感にできたし、ほんとに買って良かった。

これまでバランスボールを使ったりして、座りっぱなしの体勢から少しでも健康的にと考えたりもしたんだけど、でもやっぱり座りっぱなしには代わりなくて。

電動昇降式のスタンディングデスクにしたら、高さが超簡単に変えられるもんだから、気付いたら高さを切り替えて、そしたら作業効率も上がるし。立って作業するというのもいいもんです。

座ってばかりいたもんだから、最初は立って作業するのって辛いなぁって自分の運動不足や体力低下を思い知らされたけど、段々に慣れてきます。これも毎日継続してたらで徐々に体力も付いてくるでしょ。

土台がしっかりしてるから、テーブルに手を付いて背中や腰を伸ばすようなストレッチもできて、とってもいいの。

頼もしい相棒ができたような気持ち♪

【Before】これが前のデスク。ニトリで買ったやつね。長いことお世話になりました^^今見るとちっちゃいな。

以前使っていたPCデスク

前はふたつのPCモニターで幅はギリギリ、奥行きもモニターの前にキーボード置いたらノートが置けない、PC本体は別の台に設置。とにかくギュウギュウ状態だったんだから。

これが、PC本体(モニターの左後ろに設置)、モニター2台置いて、さらにノートPCを並べるのだって余裕。ノートに手書きするスペースもしっかり確保できる。なんて幸せ。

【After】150cm×70cmで作った天板でゆったり♪

FLEXISPOT電動昇降式スタンディングデスクに入れ替えたところ

次にこの電動昇降式スタンディングデスクの天板をDIYでつくるときは横幅180cmくらいあってもいいなぁ。

 

コメント